ホームページ制作費が、高い…追加料金が莫大…なぜ?

ホームページ制作を依頼してまず驚かれることの多くが「高い…」ということ。

また、実際に制作途中で「追加料金がかかります」ということになって、最終的な制作費が「さらに高くなってしまった…」という話もよく聞きます。

  • なぜ、ホームページ制作費は高いの?
  • 高いとSEOなどの効果は出やすいの?

…などについて解説します。

ホームページ制作のチェックポイント

ホームページ制作の見積書を見てみると…

ホームページ制作について問合せして、見積書をもらうと、↓のような内容となっていることが多いと思います。

【ホームページ制作見積書の例】

内容数量単位単価小計
進行管理費1¥100,000¥100,000
PCデザインTOP1ページ¥80,000¥80,000
PCデザイン下層10ページ¥30,000¥300,000
スマホデザインTOP1ページ¥30,000¥30,000
スマホデザイン下層10ページ¥10,000¥100,000
コンテンツ流し込み10ページ¥5,000¥50,000
CMS設定1ページ¥50,000¥50,000
メールフォーム1¥20,000¥20,000
レスポンシブ対応10ページ¥20,000¥200,000
SSL対応1¥30,000¥30,000
マップ設定1¥10,000¥10,000
サイトマップ設定1¥50,000¥50,000
・・・・・・・
合計¥1,240,000



↑は、よく見るサイト制作見積書をかなり省略して例示していますが、
実際にはもっと項目が多く、一般の人には「何が何だかよくわからない…」ということが多いと思います。

「よくわからないし…ちょっと高いけど…仕方ない」ということで制作依頼したとします。

ですが、制作している間に、いろいろ追加して行きたくなることが多く、

「ページを増やしたい」
「メールフォームを採用専用で1個追加したい」
「ブログ機能を入れたい」
「画像を追加で表示したい」

などを依頼して制作すると
最終的に「追加料金」がかかり、制作費が莫大な額になってしまうのです。

制作費が高い理由

ホームページ制作費が高い、主な理由は

  • オーダーメイドデザイン
  • 過剰なデザイン
  • オプション料金設定

の3点があります。

「オーダーメイドデザイン」とは、依頼者ごとに1からデザインを組み上げてくことです。

WEBデザイナー費用は高額ですので、一つ一つを依頼者別に個別にデザイン設定して行けば、製作費は当然高くなってしまいます。
(このような手法は、今や不要の時代です)

「過剰なデザイン」も高額化の大きな理由です。

特別な目的もないのに、自動で特殊な動きをするなどの装飾を行うと、デザイン費用はさらに積みあがります。

また、「メールフォーム」「SSL対応」「ブログ設定」などをオプション化することで、現代ビジネスに必要な設定が別料金で積みあがって行くことになります。

ホームページ制作費を抑えることはできる?

ホームページ制作費を抑えるためには
「オーダーメイドデザイン」「過剰なデザイン」「オプション料金設定」を行っている制作会社を選ばないことです。

CMS(ホームページ制作システム)を活用するホームページ制作会社の場合、
土台部分は共通設定ですので、製作費は大幅に抑えられます。

しかも、一部の共通設定外は自由にデザインできますので、
ホームページのデザインの質は、オーダーメイドとほとんど変わりません。

また、スクロールするとデザインが自動で動き出す…などの過剰なデザインは、
表示スピードを遅くして、SEOにマイナスですし、
閲覧者がコンテンツを読み込む邪魔になりますので、全く不要と言えます。

過剰なデザインを好むのは、制作費が上乗せできる制作者サイドだけなのです。

また、オプション料金「なし」で、SSLやブログなどをすべて「込み」で制作する場合、追加料金がかからず、制作の総額は半分以下に抑えられます。

CMS活用のホームページ制作会社を選ぼう!

これからの時代は
CMSを活用した、「低コスト」「高品質」「集客に強い」ホームページ制作会社によるWEBサイトが主流になって行きます。

なぜなら、以下のメリットがあるからです。

  • 制作費が安い
  • 良質なデザイン
  • 自分で更新できる
  • ブログも使える
  • SEOに強い
  • 運営コストが安い

「制作費が安くて、SEOに強い」・・・?

過剰なデザインでSEOにマイナスとなり、制作費が高い、などの従来型のホームページ制作の常識から
ホームページを依頼する側も発想の転換が必要となっています。

十分なデザイン性とSEO、そして格安な制作費は、新しいホームページ制作方式で可能になっているのです。

cms-image-1.jpg

関連ページ

《関連ページ》