titleタグ

titleタグ(タイトルタグ)とは、
あるワードを検索したときに、検索結果で「タイトル」として表示される
そのページのです。

検索表示の例

SEOタグと検索表示

titleタグとSEO

titleタグは、検索エンジンが検索順を決める際の重要なタグであり、
SEO効果を上げる上でとても需要な要素の一つです。

もちろん、titleタグだけで順位が決まるわけではありませんが、
titleタグ設定を感覚的に決めてしまうと、本来得られるはずの集客力を損なうこともありますので、慎重に決定して設定しましょう。

私たちがワード検索して、「どのページを読もうか」考える際、
まず、検索結果を上から順に「タイトル」を見て、
「これだ」と思ったものをクリック(タップ)するのではないでしょうか?

つまり、魅力的なtitleタグは、
検索からの「クリック率」にも大きな影響を与えます。

  • titleタグは、検索順位を決める重要な要素の一つ
  • 魅力的なタイトルは、クリック率を高める効果も

ですので、descriptionタグは、きちんと設定することが大切です。

titleタグの設置方法

titleタグは、HTMLの<head>内に、以下のように記述します。

 <title>サイトのタイトル</title>

ワードプレスを使っている場合は、
「All in One SEO Pack」をダウンロードすることで
タイトルタグやディスクリプションタグを設定することができます。

「SEOホームページ」では、ダウンロード等は不要で
タイトルタグ、descriptionタグなどを簡単に設定できます。

titleタグにキーワードを入れる

SEO効果を高めるためには「キーワード」をタイトルに含めることは必須です。

  • メインワード(整体院のサイトなら「整体院」)
  • エリアワード(ビジネスの対象エリア「横浜市」など)
    (エリア限定でない全国対応等のビジネスの場合は不要です)
  • 補助ワード(「腰痛改善」「姿勢矯正」など)

まずは、どのようなワード検索で上位になりたいかを考え、
「キーワードプランナー」などで、そのワードの検索ボリュームを確認して、
キーワードを絞りましょう。

あれもこれも…とキーワードを詰め込み、羅列するのはよくありません

titleタグ内のワードが増えれば、その分だけ効果が分散されます。

検索で上位に表示されているtitleタグを参考にしてみるのも良いかもしれません。

  • キーワード調査を行ってキーワードを絞り込む
  • シンプルでわかりやすいタイトルにする

titleの設置の注意点

titleタグは、以下の点を注して設定してください。

  • ページごとに、設定する
    titleタグは、ページ毎に設定しましょう。
    トップページだけにtitleタグを入れて、他のページにtitleタグ設定がないと、
    トップページのSEO効果も下がってしまいます。
  • 文字数は、35字(全角)以内で
    35文字を超えると、文章が途中で切れた形で表示されますし、
    あまり長いタイトルは、その分、各キーワードの力が下がります。
  • 会社名を入れる場合は、最後に
    会社名やサービス名をタイトルに入れる場合は、「-」(ハイフン)などで区切り最後に入れましょう。
  • キーワードの乱用は避ける
    キーワードを繰り返したり、キーワードの羅列を行ったりしますと、不正行為とみなされ、大きなマイナス要因となることがあります。

titleタグで大切なこと…コンテンツとの整合

「検索結果に表示されたタイトルが、設定したtitleタグと違う」
ということが時々発生します。

これは以下の場合に、検索エンジンの判断で行われているものです。

  • titleタグとそのページの内容が異なっている
    titleタグにキーワードを入れていても、その内容が、肝心のコンテンツに「ない」場合(極めて少ない場合)は
    検索エンジンが、タイトルを修正して表示します。
  • キーワードが意図的に繰り返されている
    この場合も、検索エンジンがtitleタグを修正して、検索結果に表示します。

これらの場合は、意図したSEO効果を得られなくなります。

titleタグは、あくまで、そのページのコンテンツの「題」ですので、
コンテンツとtitleタグが整合していることが大切です。

titleタグだけで検索順位を押し上げることはできないのです。


ホームページ制作

SEOホームページ

SEOホームページは、「titleタグ」設定をはじめ、様々なSEO対策についてご相談にのり、最も集客効果が上がる形でホームページ制作を行っております。

まずは、どんなことでもご相談ください。

点線

【関連ページ】