目次

ローカルパックとは

ローカルパックとは、地域名+サービス名などで検索(ローカル検索)をした時に、3つの店舗とグーグルマップが表示される検索結果の表示枠です。

たとえば「横浜 カフェ」とGoogle検索すると、↓のように表示されます。

ローカルパック・表示例

赤く囲ったところがローカルパックです。

自然検索結果(ウェブサイトの検索順位)よりも上に表示され、
一番目立つところに置かれる検索結果枠となっています。

ビジネスエリアが限定される地域型事業や店舗型ビジネスでは、
集客・来店・売上などに直結するため、
ローカルパックに表示されることは非常に大きな意味を持ちます。

ローカルパックと自然検索枠

ローカル検索をした時の検索結果をもう一度見てみましょう。

ローカルパックと自然検索枠・表示例

「ローカルパック」が上に、「自然検索枠」が下に表示される
(広告枠)が一番上に表示されることもあります)

「ローカルパック」が一番上に表示され、
その下に「自然検索枠」が表示されます。

自然検索枠とは、ウェブサイトが検索順位に従って表示される通常の検索結果です。

では、この2つの違いは何でしょうか?

-ローカルパック自然検索枠
表示対象ビジネスプロフィール情報ウェブサイト
順位決定要素ビジネスプロフィール情報
情報の正確性・更新頻度など
ウェブサイト情報
コンテンツ・被リンク・更新頻度など
対策名称MEO
マップエンジン最適化
SEO
検索エンジン最適化

つまり、「ローカルパック」は、Googleビジネスプロフィールの情報に基づいて順位が決められ、表示内容もGoogleビジネスプロフィールの情報に基づいています。

「自然検索枠」ウェブサイトの検索エンジンのアルゴリズムに基づいてコンテンツや被リンクなどの評価に基づいて順位が決められ、
クリック(タッチ)すると、ウェブページが表示されます。

つまり、ローカル検索においては、全く別の、2つの結果が表示される、ということです。

ローカルパックの情報表示

では「ローカルパック」に表示される情報を見てみましょう。

「渋谷 カフェ」で検索したときの例↓

ローカルパック・表示例2

3つの店舗が表示されます。

  • お店の名前
  • 口コミ評価
  • かんたんなサービス内容

が表示され、右側にグーグルマップと、各店舗の場所を示すピンが表示されます。

さらに、店舗名をクリック(タッチ)すると

ローカルパック・表示例3・店舗の詳細情報

店舗の詳細情報が大きく表示され、
店舗画像の下には「席を予約」「ルート」「ウェブサイト」「電話」などのボタンがあり、かんたんに予約などのアクションができる形になっています。
(業種によりボタン内容は変わります)

その下には「サービスの詳細」「営業時間」「電話番号」「口コミ」などの情報が表示されます。

今すぐ行動したい人に向けて、とてもわかりやすい表示になっています。

そして、これらの情報はGoogleビジネスプロフィール情報を基に表示されますので、自分で、簡単に、表示内容をコントロールできる仕組みです。

ローカルファインダー

ローカルパックの3店舗の下にある「さらに表示」ボタンをクリックしますと、店舗が一覧でリスト表示されます。

これをローカルファインダーといいます。

ローカルパック・「さらに表示」ボタンをクリック

ローカルパック・ローカルファインダー

ローカルファインダー

店舗リストをスクロールして行くと、各店舗が順に画面表示され、地図上にあるピンをクリック(タッチ)すると、各店舗の詳細情報が開きます。

地域名を入れない検索の場合は…

地域名を入れない検索(一般的なワード検索)の場合は、ローカルパックは表示されないのでしょうか?

たとえば「行政書士事務所」と検索したときの結果を見てみましょう。

ローカルパック・一般ワードでの検索結果例

3つの事務所とgoogleマップが表示されます

やはりローカルパックは一番上に表示されます。
(検索ワードによっては、リスティング広告の下になることもあります)

これは、検索した人のパソコンやスマホの位置情報から、最寄りの事務所の中から3つをピックアップして表示しているものです。

「歯医者」「花屋」「自動車修理」などで検索した場合も、同様にローカルパックが表示されます。

一方で「行政書士」と検索した場合では、ローカルパックは表示されません。

検索エンジンは、その検索キーワードが「事務所を探しているのか」「行政書士とは何かなどの情報を探しているのか」を判断して、ローカルパックの表示・非表示を自動で行っています。

地域型・店舗型のビジネスを運営している方は、ローカルパックの上位3店舗に表示されることを目指すことがとても重要になります。

ローカルスナックパック

ローカルパックの中でも、店舗情報ともに「画像」が表示されるものを「ローカルスナックパック」といいます。

飲食店や神社、博物館、動物園などのレジャー・観光関係、自動車販売店などで多く見られます。

Googleが、画像表示した方がよいと判断した検索ワードの場合に表示されます。

「東京 美術館」検索の例↓
ローカルスナックパック・「東京 美術館」検索

「東京 紅葉」検索の例↓
ローカルスナックパック・「東京 紅葉」検索

ローカルABCパック

ローカルABCパックは、コンビニ、警察署などの公共施設、銀行などのgoogleローカル検索で表示されます。

基本的な店舗情報が表示されますが、口コミ評価は表示されません。

「コンビニ」検索の例↓
ローカルスナックパック・「コンビニ」検索

ローカルパックの種類と業種例などをご紹介しました。

次に、ローカルパックに自社の店舗やサービスが表示されるメリットを見て行きましょう。

ローカルパック表示のメリット

ローカルパックは、非常に目立つ場所に表示され、知名度・認知度が一気に上がります。

ネット集客と言えば「SEO」で、webサイトの検索順位を上げることがまず思い浮かぶと思いますが、地域型ビジネスの場合は、ローカルパックに表示されることもとても大切になります。

メリットを見て行きましょう。

集客・来店・利用に直結しやすい

ローカルパックは、上位の3店舗が、画像やマップ表示と共に掲載されます。
(店舗名をクリックすると、ルート・マップ・営業時間・電話などが表示されます)

「地域名+サービス名」で検索する人は、行動・利用するための情報を探している人ですので、ここに表示されれば、即来店、となる可能性が高いと言えます。

無料で掲載が可能

ローカルパックは、Googleビジネスプロフィール(旧マイビジネス)の情報に基づいて順位が決められ掲載されます。

ビジネスプロフィールは店舗向けのビジネスツールで「無料」で利用できます。
つまり、ローカルパックに表示されるための施策は、無料で始められるということです。

上位化が比較的簡単

ローカルパックへの表示対策を「MEO」と言ったりしますが、
実は、ウェブサイトの検索結果を上位にするための対策「SEO」よりも難易度が低い、と言えます。

SEOについては、検索エンジンの高度化・アップデートにより、小手先の技術では上位化が難しく、対策のための時間も費用もとても多くかかるようになっています。

一方、ローカルパックへの表示対策は、主にGoogleビジネスプロフィールとなりますので、誰でも取り組みやすく、しかも、取り組んでいる会社・店舗がまだ少ないため、上位化は比較的かんたん、と言えるのです。

ローカルパック表示の方法

ローカルパックで上位の3つの店舗として上位表示させる方法を解説します。
MEOと呼ばれる対策です)

まず、もっとも基本的なことは、
グーグルビジネスプロフィールを活用・運用することです。

ローカルパック表示の順位決定は、
Googleビジネスプロフィールの情報を基本としているからです。

ビジネスプロフィール・トップページ

ビジネスプロフィール・トップページ

ビジネスプロフィール・トップページの「今すぐ管理」をクリックして、Gアカウントからビジネスプロフィールの登録を行い、
会社情報を正確に入れて行きましょう。

会社情報を入力する

ビジネスプロフィールの登録が完了しましたら、会社情報を入力します。

NAP情報といいまして「会社名(Name)」「住所(Address)」「電話番号(Phone)」の3つは、会社の公式サイトと同一にすることが重要です。

  • ビジネス名
    会社名、店舗名、ブランド名を入れます。
    よけいなワードを入れ込むとマイナスになることがありますので、注意しましょう。
  • 営業時間
    曜日ごとに時間設定ができます。休日も設定します。
  • ビジネス説明
    閲覧者にわかりやすく、特徴を明示して、簡潔に書きましょう。
    上位表示したいキーワードを意識して書くとよいです。
  • ウェブサイト
    サイト(公式ホームページ)のURLを入れます。
    複数の店舗を持つグループ会社やフランチャイズ店の場合は、トップページではなく、表示する店舗のページのURLを入れてください。
  • カテゴリ
    ビジネスのジャンルを設定します。
    自社のサービスにできるだけ近いカテゴリを選択する必要がありますので、確認しながら進めてください。
    希望のカテゴリがない場合は、ビジネス内容に近い一般的なカテゴリを選択します。
    (カテゴリを自分で作成することはできません。)

上記の項目は、googleローカル検索の結果に影響を与えますので、入力は必須と言えます。

記事・写真の投稿

次に、ビジネスプロフィールの投稿機能を使って最新情報・ニュース・イベント情報・商品説明・記事などを入力して行きます。

画像・写真が豊富ですとスマートフォンユーザーなどへにアピールするポイントとなり、ローカルパックで上位なる効果もありますので、出来るだけ多く掲載して行きましょう。

ビジネスプロフィール・特典追加

特典追加機能
特典の詳細・クーポン・期間・URL・画像などを入れることができます。

クチコミ機能もありますので、お客様にレビュー・星評価の投稿をお願いしましょう。(口コミには、丁寧に返信することが大切です)

また、できるだけ最新の情報を発信・更新して行くことが、ローカルパックで自社を上位表示するためのコツとなります。

ローカルパックの順位決定の仕組みと対策

ローカルパックの順位決定の仕組みは、Googleが公開しているわけではなく、アルゴリズムの詳細はわかりません。

ですが、Googleは、「掲載順を改善するポイント」として、以下の3点を挙げています。

  • 関連度
    検索キーワードとの関連性です。ビジネスプロフィールに入力した情報との関連性が高いものを優先させるということ。
    投稿記事などの情報を充実させて行くことが重要です。
  • 距離
    スマホ・パソコンなどの位置情報と、検索対象となる地域の距離が近いものが優先されます。
  • 視認性
    視認性とは、知名度・認知度のことです。
    インターネット上でどれだけ認知されているかが、話されている数・コメントが多いか、などが指標となっています。(サイテーション
    SNSを活用することが効果を上げますし、公式ホームページにSEO対策を施し、検索エンジンの評価を高めることも大切です。

ビジネスプロフィールをこまめに運用

ローカルパックで上位表示して行くには、ビジネスプロフィールの投稿機能、口コミ機能、ビジネス情報などをこまめに運用して行くことが重要です。

たとえば、営業時間が変更になったとき(ある日の閉店がはまる、臨時休業日、日曜営業)など、変化があると思いますが、これらの情報をこまめに変更しましょう。

変更方法は、ブラウザは「クローム」を使って、ビジネスプロフィールを管理しているGアカウントでログインした状態で、自社名・店舗名検索を行うと、ビジネスプロフィールの管理画面が表示されます。

「プロフィール」をクリックします。↓

ビジネスプロフィールの管理画面「プロフィール」

下の方に「特別営業時間」という欄がありますので、ここの「鉛筆マーク」をクリックして、営業時間の変更・特別休日情報などを入れてください。

ビジネスプロフィールの管理画面「特別営業時間」

また、「クチコミを読む」をクリックして、口コミを読み、返信したり、口コミを多くの人に書いていただくために、口コミ投稿URLを取得してお客様にご案内したり…

ビジネスプロフィールの管理画面「クチコミを読む」

新商品情報などを投稿したり…
など、ビジネスプロフィールを使った情報発信が、ローカルパック表示に非常に大きな効果を発揮します。

NAP情報を統一する

NAP情報とは、「会社名(Name)」「住所(Address)」「電話番号(Phone)」の3情報なのですが、
NAP情報を統一することはとても大切です。

統一するとは、ウェブサイト・ビジネスプロフィール・SNSなどの、自社で管理しているもものNAP情報を、表記の仕方まで完全に一致させることです。

会社名を「○○株式会社」「○○(株)」と変えてはダメです。

検索エンジンは、NAP情報を基に、ネット上の様々な情報を集約して、あなたの会社情報を蓄積して評価します(「サイテーション」といいます)ので、NAP情報がいろいろ違った表記になっていると、情報集約ができなくなることがあるのです。

NAP情報を統一して、
サイテーション効果によって、ローカルパックで上位表示するようにしましょう!

まとめ

まとめ

地域名検索などで検索結果に表示される「ローカルパック」。
ここに上位表示させることは、売上・来店・予約などを短期間で拡大させる効果があるため、地域ビジネス・店舗ビジネスを展開するオーナーにとってとても重要です。

ローカルパックで上位表示させる施策(MEO)は、Googleビジネスプロフィールを最大限利用することです。
とても簡単に始められますので、ぜひ取り組んでみてください。

(著者:SEOコンサルタント・SEOホームページ代表 占部圭吾)

sen-2.png