CTAとは

CTA(Call To Action)とは、
「購入ボタン」「問合せボタン」など、
ホームページ閲覧者に行動してもらうためのテキスト・ボタン・画像のことです。

CTAをどのように設置するかは、ホームページを通じた売上、顧客獲得に直結します。

SEOとは直接関係ありませんが、コンバージョン率をアップすために重要なのです。

コンバージョンとは ⇒ 閲覧者に、そのサイトが意図する行動をとってもらうこと

CTAとは

CTA設置のポイント

ゴールを決める

CTA設置とは、「ゴール」を明示することです。

「ゴール」は、ホームページそのものの「目的」に直結します。

あなたがホームページを運営するとき、
閲覧者にしてほしい行動は何でしょうか?

  • 問い合わせの電話をしてほしい
  • 問い合わせをメールフォームからしてほしい
  • 商品を購入してほしい
  • メルマガ登録してほしい(メルアドの入手)
  • 店舗に来店してほしい

など、ビジネスモデルによって様々あるかと思います。

ネット通販を行わない「飲食店」や「アパレルショップ」の場合は、
「店舗に来ていただく」ことがゴールとなるでしょう。

この場合、CTAは「アクセス」ページを見ていただくことになるでしょう。
(グーグルマップのほかに、わかりやすい絵地図などがあるとよいでしょう)

ネット通販を目的とするサイトなら、ずばり、販売ページを見ていただき、「購入ボタン」から購入していただくことがゴールとなります。

このように、ホームページの目的を明確にして「ゴールを決める」ことが最重要であり、
それに応じてCTAを設置します。

CTAボタンの設置方法

閲覧している人は、最後まで読んでから「購入」を決めたり、「問合せ」しようとしたりする「わけではありません」。

途中まで読んだところで「よし、買おう!」と決断したり、最初から買うつもりでページに来る場合もあります。

そんな場合に、CTAボタンをなかなか見つからなかったら、
お客様を逃してしまう
こともあります。

人の気持ちは移ろいやすく、CTAが見つかりにくかったら
「まあいいか…」「また今度にしよう…」ということになるかもしれません。

そいういうことを避けるために良い方法は、

  • CTAボタンなどを、ページに何か所か設置する
  • ページの右隅などに「固定の」CTAボタンを設置する

の2つです。

特にスマートフォンの場合、ページが縦に長く伸びますので、CTAが探しにくいため、
画面をスクロールしても下部に固定されているCTAボタンは有効です。
(たとえば、スマホ電話ボタンを画面下部に固定する、など)


関連ページ